(番外編) 或る青春の一頁


「よー、こける。お前また自主休講かよ、いい気なもんだな。そろそろマジ、単位ヤバくねぇ?」

「また頼むって、代返」

「やなこった。お前が“今度おごる”とか“オンナ紹介するから”っての、全然アテになんねーんだからよ」

「だから今度こそっ!頼むって〜」

「だったらよ、今度マジでっ!妹紹介してくれよっ。だったら聞いてやんねー事もねーけど」

「ちっ…またその話かよ。アイツはお前みたいなのはタイプじゃないぜ、言っとくけど」

「ったく…どーしてお前みたいなスチャラカ野郎に、あんな美人の母親と妹がいるんだよ。いいよなぁ〜」

「んな事知るかっ。とにかく代返頼むわ、そんじゃな〜」

とある大学の中庭を足取りも軽く、ひょいひょいと行く男、諸星こける。
天運が彼を助けたのかどうだか知らないが、補欠の補欠で入学を果たした。しかし父親似の性格からか、いつもこんな調子だ。

すると突然、後方から大声で呼び止める女の声。

「ちょっと、コー!」

「…何だよ、またお前かよ。それにその“コー”っての、いい加減やめてくんないかな」

「“こける”なんて、ダサい名前を人前で呼べって?“コー”で十分っ!私にそう呼んでもらえるだけでも感謝して欲しいねっ」

「で?何の用だよ…」(腰に手を当ててふんぞりかえっちゃって…かわいくねーオンナだな、相変わらず…)

「また自主休講だって?お前何しにここへ来てるんだ?」

「…勉強に決まってんだろ…」

「はっ!勉強!?講義のひとつもまともにとらないで、よく言えたもんだっ」

「今日は用事っ!そう、用事があって出られんのだっ!そういうお前は今から講義じゃないのか?」

「あいにくと今日の午後は、講師の都合で急に講義が潰れてね。それに私はもう十分、単位は足りてるんだ。誰かさんと違ってね」

「そんな事はどーでもよかろーが。それより何の用で呼び止めたか聞いてるんだよ、こっちが」

「ちゃんと講義に出ておけ、でないと留年間違い無しっ!という私からの忠告だっ!」

「何で、んな事を指図されにゃならんのだ…そりゃお前は優等生だから、オレみたいなのが許せんのは、わかる。わかるが…それとこれとは別じゃっ」

「留年してもいいと?ふーーん、親から学費を出してもらっておいて、か?」

「あーもー、うっとーしーわっ!お前の話には付き合いきれんっ!」

「あっ!ちょっと、コー!まだ話は終わってないだろーがっ!」

こける、軽く地面を蹴ると、かなりの距離を跳躍して、着地。そのままひょいひょいと走って、キャンパス中庭から姿を消した。

「留年間違い無し、ね…親父はともかく、母さんには色々言われそうだよなぁ…」

とか何とかぶつぶつ言いながらも、街中でナンパを始めた。

「ねーキミ、一緒にお茶しない?」

「やーよっ!」 “バチンッ!”

この辺の行動パターンは父親そっくりである。

「今日も収穫無し、か…さて、そろそろ帰るかな…」

今の住まいは安いアパートだ。その手前まで来た所に、誰かが立っていた。

「何だ、お前かよ、どした?」

「ホントに留年、するつもりか?」

「あー、学費とかの事ね。まぁ、母さんや妹はうるさいだろーけどさ…」

「そういう事じゃなくて、だな…」

「それにしても物好きだな。ここまで押しかけて来て、文句言う事でもあるまいし」

「私はその…留年するわけにはいかない理由があって、だな…コーが留年すると、その…」

「何だよ?いつもの威勢のいい態度はどうした?らしくない、っつーか、変だぞ」

「その…一緒に卒業…出来なくなるじゃないか…と」

「へ?」

「…私がこうまで言って、まだわからないか?つまり…一緒に卒業したい、と…」

「あ、ああ、そう…そういう事…でも、オレの頭じゃとても無理だぜ?その…一緒に卒業、っちゅーのは…」

「…ナンパをやめる気は無いのか?…その、私じゃ、ダメかな…と」

「う…いや、それは、何ちゅーか…あんま考えた事無かった、から、なぁ…」

「…腰に手を当てた、ファイティング・ポーズをとってばっかの女じゃ、ダメかなぁ…と…」

(うっ、案外…いや、結構…か、可愛い…)「あ、いや…んな事は、無いけどな…」

「それと…“コー”じゃなくて、やっぱり“こける”って呼ばれる方が、いい…か?」

「いや、別に、今まで通りでも、かまわんけど…」

「そう、良かった…」

(いや、マジ、可愛いんだけど…いつものあの態度と、えらい違いじゃないか…)

「渡したいものがあるから、ちょっと…かがんで、目、閉じてくれる…か?」

「ん?ああ…」

肩に手がかかって、唇に柔らかな感触。

「…留年しなかったら、次のステップで…一緒に卒業出来たら…」

「と、いう事は…」

「ん、まぁ、そういう事かな…」

「う、いや…そこまで辛抱出来るかどーか…」

「むぅっ…辛抱するのっ!そして明日っから私が専属でスパルタ指導するっ!いいか?」

「勉強だけ?」

「そうっ!もちろん勉強だけっ!」

「それ以外は?」

「きちんと卒業出来たら、の話だっ!」

「ああ、そう…それに、またいつもの態度に戻ってるし…でもさっきのじゃ、あんまり感触が残って無いんだけど」

「…ちょっと甘い顔すれば、こうだ…まったく」

「ね、もう一回だけ。誰も見て無いし」

「それじゃあ…1週間、単位1個も落とさなかったら…」

「ああ、そう…何でも勉強と結びつけるわけね…」

「そうでもしないと、その頭で私と一緒に卒業は無理だっ!」

「さっきまでの、しおらしさは何だったんだ、一体…」

こんな青春のイチページ。

--- E N D ---
あとがき


[ MENUに戻る ]