あたるとラムの年末年始


もういくつ寝るとお正月、などと言っているうちに年は明けて元旦。と、その前に諸星家の年末の様子をちょっとだけのぞいてみたいと思う。

「ダーリンは年賀状、もう書いたっちゃ?」

「そういうラムはどーなんだ?」

「UFOでプリントアウトして、もう出したっちゃ。で、ダーリンは?」

「何だよ、もう出したのか…」

「だからダーリンは書いたのけ?」

「何でそんなに同じ事を聞くんじゃ」

「だって気になるっちゃ。終太郎やメガネさんたちに新年の挨拶しなくて、いいのかな〜って」

「…何で新年の挨拶をむさい男子どもに出さにゃーならんのじゃ」

「女子には出したのけ?」

「…そういう事…。お前は女子に出したのか?」

「しのぶとか竜之介とか、ランちゃんとかサクラとか…そのくらいかなぁ」

「オレは貧乏だからなっ、男にまで余計な出費をするほどの余裕なんぞ無いっ」

「でも女子全員には出したんでしょっ!?…どーせ返事が目当てだっちゃ。でもダーリンに年賀状出す女子なんてどのくらいいるかなぁ〜」

「オレが1枚1枚寝る間も惜しんで書いた年賀状だぞっ!?必ずや感動して、全員から返事が来るわっ!」

「それじゃあ賭けてみるけ?」

「何を!?」

「ダーリン宛にクラスの女子から何枚年賀状が来るか〜…そうだっちゃねぇ、1枚も来なかったらウチの勝ちだっちゃ」

「ふふ〜ん、それならオレの圧勝じゃ。絶対ごっそり来るはずじゃ。で、ラムが負けたらどうするんだ?」

「ウチが勝ったら、冬休みに必ずデート!それもダーリンのおごりで、だっちゃ。お年玉もらえるでしょ?」

「んじゃオレが勝ったら、冬休みの間はオレがガールハントしても絶対怒らん、ってのはどうだ?」

「わかったっちゃ、その賭け乗ったっちゃ。ぜーったいに1枚も来ないっちゃ!」

「そんじゃ正月3日間のうちにオレ宛に来るかどうか…ふっふっふ…冬休みはガールハント三昧じゃーーーっ!!」

そんなわけで、“あたる宛の年賀状が1枚以上来るかどうか”という賭けをして、ふたりは正月を迎えたのであった。そして1日目。

「…どれもこれもラム宛ばかりではないかっ…」

「どーしたっちゃ、ダーリン?ダーリン宛の年賀状、あったけ?」

「母さーん、年賀状ホントにこれだけ?」

「今日はそれだけよ」

(くっそ〜〜女子どころか男子すらオレ宛に年賀状寄越しとらんじゃないかっ。どれもこれも“諸星様方 ラム様”…これも、これもこれもっこれもっっ!!…面堂からのは嫌味たっぷりじゃな〜、何じゃこの悪趣味な金一色の年賀状はっ)

「今日はダーリン宛のは無いっちゃねぇ〜あと2日だっちゃ。デート楽しみだな〜ルンルン♪」

「…くっそ〜〜こうなりゃ実力行使じゃ…」

と、あたるはぼそっと言うと電話をかけ始めた。

「あ、もしもし〜百恵ちゃん?オレ〜諸星だけど〜♪年賀状届いてるかなぁ〜?そっ、オレの愛が一杯込められた新年の挨拶だってぇ〜♪…あっ、もしもし、もしもしっ!?…何じゃ、切れたっ」

そしてあたるは片っ端から、クラスの女子やランやサクラ宛に電話をかけまくったのだが…。

「…ったく〜、留守だの、いきなり電話切るだの…皆、照れ屋なんだから〜もうっ」

と、ラムには予想がついていたが、こんな調子であった。そして2日目。

「あ、もしもし、しのぶ〜?オレだけど。年賀状届いてるだろ?あたるクンの愛が一杯こもった〜…え?年賀状の余りがもう無い?またまた〜そんな事言っちゃってぇ〜、照れるなって、オレとしのぶの仲だろ〜?」

『結局返事が欲しいだけなんでしょ?あたる君』

「そっ!そういう事っ!なぁ〜しのぶぅ〜そこを何とか〜1枚くらい余ってんだろ?」

『とにかくもう余りが無いのよ。ごめんなさいね、また来年、って事で』

“ガチャッ”

「…そうか…年賀状を出すとラムがヤキモチ妬くから、という、しのぶなりの愛情表現なのだ、これは…うん」

「今日もダーリンには1枚も来なかったっちゃねぇ〜♪」

「まだ明日があるわっ!」

そして3日目。

「今日電話してももう間に合わんし…来るのを待つしか無いわけか…これではラムの思う壺ではないかっ…そうじゃっ」

あたるは何か思いついたらしく、簡単な身支度をすると、いそいそと出掛けていった。

「ダーリン、ダーリン?…んもう〜どこ行ったっちゃ、ダーリン」

それからしばらくして。

「ただいま〜…ふっふっふ…ラム〜、今回の賭けはオレの勝ちじゃっ!ほれ、見てみろ、1枚年賀状が来とったぞーーーっ!!」

「…なーんかあやしいっちゃねぇ〜、ダーリンが出掛けて、帰ってきたら来てたなんて。ダーリン見せてみるっちゃ!」

「だめっ!これはオレ宛に来たやつだから、見せられんっ!」

「見せられないワケでもあるのけ?例えば〜自分で書いたとか」

「(ギクッ!)んなワケあるかっ!」

「じゃあ誰から来たのけ?」

「しっ、しのぶからじゃ、しのぶからっ!」

「やーっぱり怪しいっちゃ。見せてみるっちゃ!ダーリンッ!」

そしてふたりは“あたる宛”に来た年賀状の取り合いを始めた。そこへテンがふわふわと飛んできた。

“ぎゅむっ”

「…あ、テン」

ふたりの“年賀状争奪戦”の最中(さなか)、ちょっとしたはずみで、あたるがテンを踏んづけてしまったのだ。

「…こ、このぉ〜アホ〜ッ!何さらすんじゃーーーっ!!」

“ゴォォォォォーーーーーーッッ!!”

そしていつもの如く、テンがあたるに向って炎を噴いた。

「あちっ、あちっ、あちーーーーーーっっ!!」

「ワイを足蹴にしよって、詫びも入れんからやどっ!どや、参ったかっ」

「…あーーーーーーっっ!!」

「何や、どしたんや?」

「ね、年賀状がぁ〜〜…」

「年賀状がどないしてん?」

「ジャ…ジャリテーーーーンッ!よくもオレの大事な年賀状をーーーーっ!!見ろっ、この黒く燃え残った無残な姿をっ!!」

「な、何や、年賀状の1枚くらい、どーってこと無いやろ?」

「オレにとっちゃ〜命の次に大事な年賀状だったんじゃーーーーーっ!!」

「命の次、ってどういう意味だっちゃーーーっ!」

「ラム、とにかくっ!1枚来た事は確かだったんじゃ!それがこんな有様では、もう誰から来たのか、なんつー事はわからんだろっ!?しかし確かにっ!オレ宛に来たんじゃーっ!それをまだ疑うかっ!?疑うっちゅーのかっ!?」

「むぅっ…それじゃあ証拠隠滅だっちゃ!わざとテンちゃんにケンカ仕掛けたんじゃないのけっ!?」

「この状況でまだそんな事を言うかーーーーっ!!大事な年賀状が、賭けの勝ち負けを決める年賀状が燃えてしまったんだぞぉぉぉ!この勝負、オレの勝ちじゃっ!」

「何でそうなるっちゃっ!」

「来た事は確かなんだからなっ、オレの勝ちっ!ラムの負けっ!」

「証拠隠滅しといてよく言うっちゃ!この勝負引き分けだっちゃ!もう本物かどうかなんて確認出来ないんだしっ、百歩譲って引き分けにしてあげるっちゃ!」

「引き分け!?引き分け…っちゅー事は…お前とのデートは無し、しかしガールハントしたら怒るって事か?」

「ガールハントしたら超ド級の電撃お見舞いするっちゃ!」

(くっそー、これでは自分で用意した意味が無いではないかっ、ジャリテンのやつぅ〜…)

そんなこんなでふたりの“年賀状賭博”は終息したかのように見えた。…が。


1月4日になって、あたるの元に1枚の年賀状が届いた。差出人は…不明であった。

「ふっふっふ…どうじゃ、ラムッ!オレ宛に年賀状が1枚来たぞっ!」

「だって勝負は3日までだっちゃよ」

「3日だろーが1日遅れだろーがっ!来たものは来たっ!これでオレの勝ちじゃーーーっ!」

「どーしてそうなるっちゃ!」

「もしかしたら1日遅れで届いたかもしれんだろ?いや、きっとそうじゃ!抽選でも何でも“当日消印有効”とあるだろ!?だからこれも当日消印有効っ!っちゅー事でオレの勝ちっ!」

「何だっちゃ、その理屈はっ!3日までに届いたのが勝負の対象だったはずだっちゃ!当日消印有効、って何だっちゃ!年賀状に消印なんか入って無いのにっ」

「とにかくオレの勝ちと言ったら勝ちなのっ!これで思う存分ガールハントが出来る、っちゅーわけじゃっ」

「変な理屈でごまかそうとするんじゃないっちゃーーっ!もうーーーっ!!」

「というわけで〜オレはこれからガールハントに行ってくるっ!邪魔しようなんぞ思うなよっ!くれぐれも言っとくがっ」

「そうはさせない…ちゃっ!」

あたるは身支度のため脱いだ服をラムに投げ、それで彼女の気を逸らして、まんまと表に出て行ってしまった。

「ダーリンッ、ダーリン!んもう〜〜!」

ラムはあたるの屁理屈と外出してしまった事で怒り心頭だったが、彼の机上にあった年賀状を見て「あれ?これ…」と言った。そして“くすり”と笑うと、「しょうがないっちゃねぇ…」と言って、UFOに戻っていった。

そしてとっぷり日も暮れた頃、あたるは寒そうに背中を丸めて、帰ってきた。

「ただいま〜」

自室に入るとラムがいた。

「げっ、ラム…」

「なーにが“げっ”だっちゃ。おかえり、ダーリン」

ラムの様子は至極穏やかそうで、怒っている風でも無い。それどころかにこやかにあたるを出迎えたのだ。

(何じゃラムのやつ…怒ってる様子も無いが…どうしたんだ?)

「ダーリン、寒かったでしょ?UFOあっためてあるから、行く?」

「え、いや…まぁ…どっちでもいいが…」

「それじゃあご飯食べたら…ね?」

「ん…まぁ、そ、そだな…は、ははは…(ラムのやつ、何か企んどるんでは無いのか?)」

そんな事を思いながらも、あたるはラムとUFOへ赴いた。そして今夜も“レッツ・くんずほぐれつ”が始まったのであった…。


…ビクつき膨らんだあたるの逸物は既に先走りの体液で濡れていた。そのサオの部分をラムが片手でそっと握る。体液で滑る逸物を上下に擦りながら、彼の亀頭を愛らしい舌でチロチロと舐めるラム。

「…ダーリン…気持ちいいっちゃ?」

「あ…あ、ああ…」

「もっと気持ちよーく…してあげるっちゃ…」

ラムの唇が舌が、あたるの先端を優しく舐(ねぶ)る。キスをしたり軽く咥(くわ)えたり、それと同時にサオの部分をこすこすとしごいて刺激を与える。

ラムはあたるのモノを余すところなく愛する。口だけではなく、もう片方の手のひらで緩急を付けつつ先端を撫でてやり、彼の快楽をギリギリまで引き出すのだ。

「ラ…ラム…」

あたるはうめきながら、自身をラムの手に委ねている。そうしてガマンも限界に達したところで、あたるはラムに向けて、白い種を放出した。

「また、元気にしてあげるっちゃ…ダーリン」

ラムの白魚のような指先が、あたるの逸物を撫で上げる。にゅるにゅると滑る指先、手のひら、口唇を駆使して、再びあたる自身を元気にしていくラム。

「ほら、もう…元気になったっちゃ…」

ラムがあたるの逸物に手を添え、彼の肩に手を掛けながら、腰を浮かした。そしてあたるをガイドすると、ラムは自身の蕾の入り口に逸物を宛がい、座位の体位でゆっくり腰を落としていった。

ゆっくり…ゆっくり。あたるがラムのナカへとのめり込んでいく。ラムがあたるに食い込んでいく。そして抱き合いながら、腰を動かし、ラムがあたるを刺激する。自身の快感も同時に引き出す。

「あぁっ、あぁっ…あぁっ…ダーリン…ダーリン…」

揺すりあって、絡み合って…キスをする。キスをしながら全身が戦慄(わなな)くほどの心地良さを感じ合う、ふたり。そしてあたるは仰向けになり、ラムが騎乗位になった。カラダの芯を接合させて、あたるがラムを揺する。ラムがあたるを揺さぶる。

「あぁ…いぃっ…イ、イ…ダァリンの…で…熱く、て…ナカから…融け、ちゃい…そう…」

「う…あ、あ…」

吐く息、吸う息、そのリズムが速まり、カラダの振動も早まっていく。うめくあたる、声を上げるラム。たぷたぷと揺れるラムの乳房、上下に揺れる髪…そして、全身。

汗とスパークを散らしながら、ラムが悶えている。喘いでいる。散らしたスパークはあたるのカラダに伝わり、それがまたラムのカラダに戻ってくる。痺れる性感帯、そして、ラム独特の味覚があたるから返ってくる電気を「美味しいっちゃ…」と感じさせる。

「ダーリン…美味しいっちゃぁ…電気…の、味が…して…あ、あぁ、ぁ…ぁ…」

「オレ、も…痺れ、て…う…」

帯電したあたるから与えられるキスは電気の味がする。それがラムを一層腰砕けにさせるのだ。

「ダー…リン、の…キス、も…美味、しい…っちゃぁ…」

ふたりは激しい交合で高みに昇り詰め、高いところから何度も落ちた。落ちてはまた昇り、そして…それを繰り返す。

…やがてひと段落したところで、あたるはこんな事を思った。

(来年や再来年…もっと大人になった時、果たしてオレは、ラムの放電をどう感じてるんだ?あの真吾も電気密林であんな体質になっちまったしなぁ…。ま、ラムなら何とかしてくれる…か?)

新年早々から来年や再来年の事を考えるあたるだったが、結局ラムに関連した事柄になってしまう。ラム以外の女性の事はというと…ラムとこうしていない時に、ハーレムの夢を思い描くのである。

「…今年…こそ〜…サクラさ〜ん、竜ちゃ〜ん、しのぶ〜、ランちゃ〜ん…」

「ぐっすり眠って…きっとハーレムの夢でも見てるっちゃねぇ…。本当にしょうがないっちゃねぇ、ダーリンは……くすっ…」


そして翌日、あたるの部屋にて。

「ダーリン」

「何だ?」

「ダーリン宛に来た年賀状、ちゃーんと読んだのけ?」

「そりゃちゃーんと読んだわっ」

「何て書いてあったのけ?」

「んな事、何でラムにイチイチ……あけましておめでとうございます、だろ?」

「だろ?って何でこっちに聞くっちゃ」

「だからそう書いてあったのっ!」

「ふーん…そうけ」

「何だよ、その言い方は。違うとでも言いたそうだな」

「だーって、よーっく見てみるっちゃ。ほら」

「…何々?“ワイからの年賀状や、アホに出してあげました。今年は負けません。テン”…何じゃこりゃ」

ラムは口を押さえて、笑いを堪えてそれを聞いていた。が、遂にガマン出来なくなって、足をばたつかせながら大笑いした。

「テンちゃんが〜、日本語憶えたい、って言うから〜…それじゃあ、ダーリンに年賀状でも…出したらどうけ?って〜〜」

「…ぶっ…お、お前なぁ〜〜っ!」

「あー、可笑しかったぁ〜♪テンちゃんからの年賀状でも、嬉しいでしょ?ダーリン♪」

「…ふんっ、ジャリテンからもらったところで嬉しくも何とも無いわっ」

「テンちゃん一生懸命書いてたのになぁ〜〜“アホの驚く顔を見たるんや〜”って」

「ラムとジャリテン、ふたりして何考えとるんじゃ…ったく」

そしてあたるは年賀状を机の引き出しに放り込むと、仏頂面をして階下に行ってしまった。

「それからこれは、ウチからの年賀状♪後で気が付くかなぁ〜、ダーリン」

ラムは1枚の年賀状をあたるの机の上にそっと置いて、UFOに戻った。

【大好きなダーリンへ。今年もよろしくお願いします。そして来年も、再来年も、ずっと。】

--- E N D ---

あとがき


[ MENUに戻る ]